女性の正装、フォーマル着物である留袖とは

留袖

女性の正装、其れにフォーマル着に「留袖」というのがあります。
留袖とは、女性の正装の着物、和服のことで、一般の人の既婚の女性が着る最も格調の高い礼装着です。
和服着物の格については第一の礼装ともいわれ、西洋人の女性が着用するイヴニングドレスに当るものです。
元々は、江戸時代の頃から女性が着用する着物は、未婚者や若年者が着用する着物は振袖と言って長い袖のきものでしたが、結婚すると同時に、その着物の袖部分を留めて短くし縫い留める習慣があったことから、これらの着物の全て「留袖」と言ってました。

 

この留袖と言う名称はやがて、既婚女性の礼装と言う形になり、意味に成ったとされています。
今で言うと、元々は留袖は振袖を作る直し、リサイクルしたものであったので、地の色はそのままの色合いで様々だったが、明治期になって西洋人が来日するようになり、所謂、ブラックフォーマルの考え方が取り入れられ、黒地又は単色の色柄になったと言われます。

 

ところで、留袖をシッカリと着こなす女性、上げ髪からスーッと伸びる細い首筋、ピンと張った背中から臀部辺りのフンワリした膨らみ、更に、背筋をピント伸ばし、小またで足を真っ直ぐ運ぶようにして歩きだします。
此のような女性の姿を後ろから眺めると、何とも言えぬ色香を感じさせてくれます。
此のような、留袖の鮮やかで独特の色使いには、同じ女性は勿論、男性たちもみんなメロメロです。

 

特に、既婚女性の第一礼装ともいわれる留袖には、黒留袖とか色留袖などがありますし、又、若い女性向きにも柄模様の留袖もあります。
礼装とされる黒留袖は、身内、親戚のの結婚式や大事な仲人の席など、どちらかと言えば会場でも立場の重い参列者となる場合に着用します。
又、色留袖といえば華やかな席に招待された時、例えば、結婚式の披露宴に招かれたときやお茶会の初釜のときなどに着用するなど、場所や立場上で選んで着る楽しみがあります。

 

又、柄付け留袖は年代の若い方にはうってつけで、色相いや柄模様も華やかで、而も、可愛らしい感じのものもあり、全体的に柄が入っている総絵羽模様に近い柄などは、特に、その場を華やかに明るくします。
ただ、同じ立場でもご年配の方は、柄や模様が余り込み合わず、色も出来れば落ち着いたもの色物が良いでしょう。
しかし、あまり渋すぎず、かと言って派手すぎず、着物選びも大変ですし、未熟な着慣れない方は専門家に相談するのもいいでしょう。

関連ページ

現代の着物について
現代の着物のあり方についてお話しします。
着物の着回しについて
着物の着回しについて詳しく解説
着物を着る機会